アメリカ

イチローの本拠地Tモバイルパークに行ってきました【アメリカ】

Tモバイルパーク

世界一周も最終盤に突入しました。夫婦で世界一周旅行中の夫です。メキシコのメキシコシティからアメリカへ渡り、シアトルにやって来ています。

シアトルと言えばシアトルマリナーズ!そしてイチロー!!

イチロー好きであるぼくはシアトルマリナーズの本拠地である「セーフコ・フィールド」に行きたいがためだけにシアトルにやって来ました。

実際シアトルに来てみると、「セーフコフィールド」は2019年から「Tモバイルパーク」に名前が変わっていましたが、念願のシアトルマリナーズの本拠地に到着です。

名前が変わったのは命名権の譲渡の関係だそうで、セーフコフィールドからTモバイルパークに名前が変わっても何も変わりません。

ここではシアトルマリナーズの本拠地であるTモバイルパークの紹介です。アメリカの球場は「球場」というより「ボールパーク」という感じで、それ自体がアトラクションのようでしたよ。



Tモバイルパークのスタジアム見学ツアー

Tモバイルパークにはスタジアム見学のツアーがあります。スタジアム見学ツアーはシーズン中でもシーズンオフでも随時開催しています。

シーズン中は試合前の1時間程度、ぼくが行ったシーズンオフなら1日に数回催されているようです。

詳細はマリナーズの公式ホームページをご覧ください。

スタジアム見学ツアー見どころ

Tモバイルパーク

Tモバイルパークのスタジアム見学ツアーでは、試合観戦ではぜったいに見られないような場所に入らせてくれます。

マリナーズの選手が座っているであろうベンチや、VIPルームなど、マリナーズに入団する予定のないぼくには、おそらくもう二度と来ることはないであろう場所ばかりです。

マリナーズの選手が使っている場所というだけでなんとなくワクワクしてしまいます。

Tモバイルパーク選手ロッカールーム

ロッカールーム

Tモバイルパークの選手ロッカールームです。

広い…。

写真はロッカールームのメインスペースだけで、このほかにシャワールームやキッチンスペースなどまだまだあります。日本なら家賃20万円くらいはまちがいなくいきそう。駅近なら25万円はまちがいない。長野県でも15万円くらいはするんじゃなかろうか。

それくらい広いです。

しかしここはビジター用のロッカールームだそうです。つまりマリナーズの対戦相手が使うロッカールーム。マリナーズのロッカールームにはマリナーズの選手の私物があるから入れないんだそう。

ホームのロッカールームはもっと広いそうです。

ロッカー

このロッカーですら、ホームはビジターの2倍くらいあるらしいです。ビジターのロッカーでも40インチのテレビがすっぽりとおさまるくらい広いけどね。やっぱりメジャーリーガーはちがうねえ。

イチロー選手のロッカーは当然見られませんが、イチロー選手はヤンキース時代にこのロッカーのいずれかを使っていました。もはやそんなことですらうれしくなってしまう。

VIPルーム

VIPルーム

VIPルームもすごい。

20人くらいなら余裕で入れるパーティルームがいくつもあります。バーカウンターがあったり、フィールドが上から一望できるテラス席があったり、まさにVIP。

こんな席でベースボールを見てみたいなあ。

もしかしたらイチロー選手は、いや「元イチロー」さんは引退したあとにこの席からマリナーズの試合を眺めているかもしれませんね。

VIPルームには「サダハルオウ」と名付けられた部屋や、任天堂の社長の写真が飾られていたりします。日本とマリナーズのつながりの強さを感じます。

Tモバイルパークのベンチ

Tモバイルパークベンチ

かっこいい!中継で見るようなベンチシート。ちょっとレトロな感じがすごくいい。

Tモバイルパーク

シーズンオフなこともあって、この日おTモバイルパークは改装真っただ中。それでもこんなグラウンドレベルからフィールドを見られるのはドキドキする。もちろんグラウンドには入れませんが、ちょっと選手気分です。

Tモバイルパークの関係者通路

Tモバイルパーク

ぼくはもはや関係者専用通路でさえもわくわくしてしまう。Tモバイルパークのスタジアム見学ツアーに参加してから興奮しっぱなしです。

写真のような関係者席シートを通って各場所をまわっていきます。

Tモバイルパーク

シアトルの街を一望できる4階とかね。

Tモバイルパーク

室内練習場も見せてくれる。小さい子ならちょっと打たせてもらってました。

ぼくがお願いすると

「too old.」

と言われました。はい。すいません。


Tモバイルパーク行き方

Tモバイルパークへのアクセスは電車でかんたんに行けます。

空港から市街地までの路線の途中に「スタジアム」という駅があります。駅から徒歩5分。

Tモバイルパークとたしかサッカーかアメフトのチームだったかのスタジアムが近くにありました。

Tモバイルパーク

Tモバイルパークの外壁は写真のようにマリナーズのメモリアル写真が飾られています。Tモバイルパークの目印ですね。

写真はイチロー選手がシーズン最多安打記録を達成したときの写真だそう。

Tモバイルパーク

正面入り口はここ。このときはまだ「セーフコフィールド」と書かれていますが、今はもう変わっているはず。

Tモバイルパーク

こいつもなんだか有名なスポットなんだとか。シアトルの人の待ち合わせ場所の定番。東京でいうハチ公みたいな?

なぜ有名なのかは、英語すぎてちょっと聞き取れませんでした。

スタジアム見学ツアーチケット

スタジアム見学ツアーはマリナーズ公式サイトで予約するか、Tモバイルパークのマリナーズオフィシャルショップでも購入できます。もっと言うと、スタジアム見学ツアーはマリナーズオフィシャルショップからスタートです。

オフィシャルショップでの購入は当日の予約に空きがあれば、という条件付きですがぼくが行ったときはぜんぜん大丈夫でした。

シーズン中なら混んでいるかもしれませんが。

スタジアム見学ツアーは一人14ドルです。野球好きかどうかにもよりますが、ぼくはかなりお得だったと思っています。ちなみに嫁はんは辞退です。彼女には高すぎと感じられる模様。

Tモバイルパークスタジアム見学ツアーまとめ

以上がTモバイルパークのスタジアム見学ツアーの様子でした。

ぼくがTモバイルパークに行った3か月後にイチロー選手は「元イチロー」になってしまいました。

それでもTモバイルパークの通路やオフィシャルショップにはイチロー選手の展示品や歴代の日本人選手の写真がたくさん飾られていました。

マリナーズで愛されていた日本人選手の様子が観れ、普段は入れないスタジアムの内部を観れ、大満足です。

いつかマリナーズの試合も見に行きたいなあ。