エクアドル

キトからボゴタまでバス移動!1,100km35時間【エクアドル】【コロンビア】

夫です
夫婦で世界一周→南米縦断をやっています。南米大陸5か国目エクアドルにいてます。

動物パラダイス、アニマル天国だったガラパゴス諸島をあとにし、南米大陸の本土に帰ってきました。

エクアドルの首都、キトにいます。今日はキトから、コロンビアの首都、ボゴタを目指します。

ぼくたちの南米縦断もゴールが見えてきました。というより、日程の都合上、ボゴタを南米縦断のゴールとします。南米大陸の先っぽまであと700kmあるのは見ない。

1か月半にわたった南米大陸縦断も、もうすぐゴールかと思うと感慨深いものです。しかし、この最後のキトからボゴタのバス移動がこれほどまでに過酷で恐怖のバス移動になるとはこのときまだ思ってもいませんでした。

オルメーニョのバス予約

エクアドルのキトからコロンビアのボゴタ行きはグアヤキルでバスの予約をしていました。

つまり、ガラパゴスに行く前ね。

キト、ボゴタ間のバスは、オルメーニョかクルスデルソルという会社が運行しているそうです。

クルスデルソルはペルーのリマからグアヤキルに行ったときにも利用していたので、快適さは実証済み。

でも残念なことにクルスデルソルのバスはキト、ボゴタ間を毎日運行しているわけではなく、ぼくたちが移動したい曜日にはバスがありませんでした

キト、ボゴタ間は火曜と木曜とかそんなだったはず。クルスデルソルのウェブサイト見てみてください。

そんなわけでぼくたちにはオルメーニョのバス一択のみ。オルメーニョとは一体どんなバスなんだろ。そもそもキト、ボゴタがかなりの距離なので不安いっぱいのなかオルメーニョのチケットオフィスに行きました。

グアヤキルにあるオルメーニョバス

グアヤキルのオルメーニョのバスチケットオフィスは地図の場所にあります。

グアヤキルのバスターミナルと空港の間です。グアヤキルの中心街からはかなり離れています。

チケットオフィスに行くと、待合所でスタッフがぐっすりと寝ていました。

あぁぁ。つのる不安…。

チケットオフィスのドアをかなり強くノックし、スタッフに出てもらうと、のっけから120パーセントのスペイン語。
英語はまったくできない模様。

さらにつのる不安…。

身振り手振りを交えながらなんとか「5日後にキトからボゴタへ行きたい」ことを伝えると、その場でチケットを用意してくれました。

チケットに手書きでぼくたちの情報を書き込んでいきます。情報社会の21世紀で手書きチケットかね?

ほんまにオルメーニョ大丈夫か!?

グアヤキルのオフィスで一人90ドル支払い、予約完了です。すべての結果は5日後のキトでわかります。

キトのオルメーニョでバス待ち

さて、時間はすっ飛びます。ガラパゴスでの3泊4日の滞在を終え、エクアドル本土のキトにやってきました。
ガラパゴスでの滞在はこちら

ガラパゴス諸島のシュノーケリングツアーでウミガメと泳ぐ【エクアドル】夫です。 前回、エクアドルのグアヤキルにて大量のイグアナに囲まれました。しかしここがイグアナの本命じゃない!ぼくたちが目指すのはガ...
トルトゥーガベイ
ガラパゴスで野生の〇〇に出会う!ツアーなしでも十分楽しい【エクアドル】こんにちは 一年間の世界一周中の夫婦の夫の方です。 今はアルゼンチンのウシュアイアからコロンビアへ向けて南米縦断中。南米大陸から...

キトはエクアドルの首都ということもあり、大きな街です。グアヤキルよりも道も広く、大きな公園がたくさんあります。

しかし残念なことに、グアヤキルのようにイグアナはいません

グアヤキルはヒト<ハト≦イグアナ【エクアドル】夫です。 ペルーのリマからエクアドルのグアヤキルにバスで移動してきました。エクアドルに来た1番の目的はガラパゴス諸島です。 ...

キトのオルメーニョバスオフィスは地図の場所にあります。

バスに乗る前日にオルメーニョからメールをもらっていました。

明日は13時にバスが出発するから11時にオルメーニョのオフィスまで来てください。

とのこと。しっかりしてるやん!
バスの予約がちゃんと通っていたことに感動し、意気揚々と11時にオルメーニョのオフィスへ行きました。

ここからオルメーニョバスでの気の遠くなるような長旅が始まるのです。

プロローグ~当たり前のバス遅延~

「ボゴタ行きバスの到着が遅れているから14時にもう一度オフィスに来てくれるかな?」

オルメーニョのバスオフィスで言われた最初の言葉。
うんうん。そんなにうまくいくはずないよね。

オルメーニョのオフィスの近くにはごはんを食べるところも、大きな公園もあるので時間つぶしには困らない。ぼくたちは少し足を伸ばして、キトのマーケットまで行ってきました

ちなみにオフィスではWi-Fiも飛んでるし、コーヒーも飲めます。オルメーニョのオフィスでも時間をつぶせそう。

再びオルメーニョのバスオフィス

マーケットでぶらぶらし、昼ごはんを食べて14時ちょっと前にオルメーニョに戻ってきました。

ぼく
ぼく
ボゴタ行きのバスはどう?
オルメーニョの人
オルメーニョの人
うん。きっと15時には出発できるよ。

南米特有、ラテン系の明るさで壮大な遅延について教えてくれました。

しばらくオルメーニョのオフィスで待ち、バスに乗り込んだのは15時30分。
ま。結局こんなもん。

たったの2時間半の遅延です。

決して快適、清潔とは言えないオルメーニョでしたが、とにかくバスに乗れたことに一安心。

いざ。ボゴタに向けて出発です。ここからオルメーニョのバスの旅で数々の怪奇現象に遭遇します。

オルメーニョの怪奇①なぞのバス乗り換え

ボゴタへ向けてバスを走らせることわずか30分。バスはどこぞのガソリンスタンドで止まりました。

給油でしょうか?いいえ。乗り換えです。

なぞの乗り換え。

「あれー?止まったなー。」って思っていると、バスを降ろされ、カバンを下ろされ…。スペイン語のわからないぼくたちにとっては、けっこうな恐怖です。

15分ほど待っていると別のバスがガソリンスタンドに到着。その新しいバスに次々と荷物を乗せていき、ぼくたちも乗り込みます。バスが特に変わった様子はございません。
なぞのバス乗り換えの時間でした。

オルメーニョの怪奇②長すぎる国境

キトを出発してから約7時間(なぞのバス乗り換え含む)、午後10時にエクアドルとコロンビアの国境に到着しました。到着は国境を越えたコロンビア側に。

いや。ええの!?国境越えてもうてるやん!!!

ここですべての荷物を下ろし、国境審査を通ります。

徒歩でエクアドルまで戻り、スタンプをもらったらコロンビアへ再び入国。国境をこんなにウロウロしたのは初めて。

大きな荷物はオルメーニョのオフィスに置いたままです。これもけっこう怖い。

エクアドルの出国はすぐにできました。問題はコロンビアの入国です。時間も23時近くになっていたのでゲートは一つしか開いてません。国境の係の人は一人しかいません。

ほんの20人ほどの列でしたが、これが異常に時間かかる!コロンビアの入国を認められたのはほぼ明日を迎えた24時前でした。

夏とは言え、けっこう標高も高そうだったので寒い。

オルメーニョの怪奇③どっかいったバス

出国入国を終え、オルメーニョのバスオフィスに戻りました。

ん?バスがない。
ん??荷物もない。

え?

イミグレーションで時間がかかりすぎたので先に行ってしまったのかと、少し恐怖。

そうではなく、バスは別の場所で待っているんだとか。

オルメーニョの係の人に案内され、ぼくたちはタクシーに乗せられました。荷物もオルメーニョのオフィスの近くにありました。

タクシーでオルメーニョのバスがあるターミナルへ向かいます。実はこれもけっこう恐怖。

①真夜中のタクシー
②国境付近
③どこに向かってるかわからない

事件が起こりそうな条件が揃いまくってます。

不安をよそに、なんとかバスが待つターミナルに到着しました。

深夜1時頃、再びバスはボゴタへ向けて出発です。このときしれっとバスが変わっていたことは、もう気にしないことにします。

オルメーニョの怪奇④再びバス乗り換え

国境を出発してから約10時間で、バスは新たなターミナルに到着しました。ここがコロンビアのどこなのか、ぼくたちはもう気にしないことにします。

再びぼくたちはどこぞのバスターミナルで降ろされ、荷物検査も下ろされ、バスの乗り換えのようです。

もう好きにして。

このときボゴタに行くのに、1時間後のバスか2時間後のバスか選ぶことができました。
ちょっと疲れていたのもあり、ぼくたちは2時間後のバスにしました。

何より、こんなに長く一緒のバス旅をしていると他の乗客とも仲良くなってきます。
スウェーデン人の乗客とは特に仲良くなり、スペイン語をわからないぼくたちに英語でいろいろ教えてくれていました。

名前忘れちゃったけどありがとう。

そんなボゴタへ向かう仲間たちとコロンビアのバスターミナルでランチです。ランチはオルメーニョのバス代金に含まれているらしくタダでした。

午後2時頃、再び再びバスを乗り換え、ボゴタへ向けて出発です。

エピローグ~真夜中のボゴタ到着~

時計はぐるぐると進み、午前2時。エクアドルのキトを出発してから35時間後、コロンビアの首都ボゴタに到着しました。

外は真っ暗。バスターミナルにはほとんど人がいない。

ぼくたちはここでボゴタで予約していたホテルに行きます。

スウェーデン人の彼はここからさらに夜行バスに乗り、コロンビアの別の街へ行くそうです。

バケモンか?

実はボゴタはけっこう治安の良くない街として有名です。
どれくらい治安が良くないかというと、これくらい↓

スマホが盗られた!ボゴタのスリのスゴ技【コロンビア】夫です。 前回の記事はクスコの街歩きでした。しかし、ブログの更新には若干のタイムラグがあります。 どうしても今日、この日に書...

そんなボゴタで真夜中のタクシーに乗るのもけっこうな恐怖でした。

というわけで、ボゴタに行くときは、ホテルは決めておいた方がいいと思います。真夜中に着くなら特に!

キト、ボゴタのバス移動まとめ

キトからボゴタまでの35時間のバス移動の紹介でした。35時間が遅かったのか早かったのかわかりません。なぜなら到着予定時刻がないからです。

バスがどうなるかわからないから最初から決めてないんでしょうねー。
着きゃーええねん。という感じのオルメーニョです。

キトからボゴタまでの移動が、この世界一周の旅で一番長いバスでの移動になりました。ホテルに着いた午前3時にはくたくたですぐに寝てしまったのは言うまでもありません。

かなり疲れたけれど、南米縦断ゴールの地にやっと降り立ちました。ボゴタでの滞在は2泊3日です。

このあとぼくたちはボゴタから中米メキシコのオアハカという街へ、飛行機で移動します。