インド

インドあるある?お金にまつわるトラブル【インド】

リキシャ

夫です。

世界一周をはじめて4か月たちました。
4か月海外にいるといろんなトラブルがあります。例えば入院。予約したバスが満席だったなどなど。
特にここインドではお金にまつわるトラブルが多くて。。。
今思い返しても腹立つこともあるのでブログで発散します。



インドのお金トラブル=ATM=

FullSizeRender
インドのATMが使えなさすぎる!

10件のATMに行ったら8件は使えません。

ぼくたちはATMから海外キャッシングをしているのでATMが使えないことは致命的です。
現金を引き出せない!

ATMを使えない理由は主に2つ。

①カードを読み取ることができない

ぼくのクレジットカードは使いまくっているので磁気が弱っているのかな。
と思っていたらネパールではあっさり使えます。なんやねん。

 

②ATMに現金が入っていない

これ最悪。こっちのパターンが圧倒的に多い!
そしてお金が入っているATMにはインド人も集まる。ATMの前には常にインド人の長蛇の列ができています。

並んだATMに現金が入っていなかったら次のATMに行きます。
まただめだったらさらに次のATMへ、のくりかえし。

ときには前に行ったATMで、自分の先に並んでいた人がATMの機械から出てくることも。

 


ここもだめだったよ。

みたいな顔して出てきたときは望みうす。。

お金がおろせたときには


ここいけたぜ!

という顔をしてくれます。ともにATMを探し求めた同志のようなものが生まれます。

こないだもジャイサルメールで現金求めて10件ほどのATMをさまよいつづけました。


40度近くのインドの炎天下の中1時間歩き続けるのはしんどい!

ATMでお金がおろせた先に

FullSizeRender
コルカタで、インドで最初にATMからお金をおろせました。

そしてカード会社にクレジットカードをとめられました。

このときもATMに現金が入っておらず10件近いATMをさまよいつづけました。
するとカード会社がクレジットカードの不正アクセスだと判断し、クレジットカードを使えなくされました。

クレジットカードを使えなくなったときの話はこちら

バラナシ
海外SIMカードを初めて使った話【インド】夫です。 インドに来て初めて、海外SIMカードを使ってみました。 最初は買う段階から不安だったんですが、買う場所と手順さえ間...

カード会社に電話をして事なきを得ましたがめんどくさい!


インドのATMは最悪です。

インドのATMは最悪です。



インドのお金トラブル=両替=

DSC_0601
アーグラでATMが使えないときには両替をしました。

1万円が5500ルピーに両替というところから交渉スタートです。
ほかの国ではレートは決まっていますがインドの両替は交渉です。

その日のレートからするとまったく悪い!
海外キャッシングなら1万円は6300ルピーくらいが妥当です。

粘りに粘った結果、1万円が6100ルピーになり交渉成立です。

1万円をわたすとインドルピーの札束をわたされました。

5500、
5600、
5700、、、

ん?もう1回

5000、
5500、
5600、
5700、、、

 


おい!400ルピー足りひんぞ!

と言うと壁に貼ってある紙を指さすインド人


「5000ルピーを越える両替は400ルピーの手数料がかかる」

的なことがヒンドゥー語で書かれています。


それは先に言えやーーーーーーー!

ぼくがあまりにも怒ったので嫁はんにこそっと150ルピー返しやがったそうです。

手数料のことを言わないとか、ヒンドゥー語で書くとかは反則じゃないですか。


インドに来てこれが一番腹立った。



インドのお金トラブル=値段交渉=

9165

 

 

 

 

 

両替もそうですが値段交渉はトラブルの元です。
ツアーやタクシーとかで最初に言っていた値段と支払いの時に値段が変わるなんてザラだそうです。

そんな時は

さっきと値段ちがう!

とはっきり言いましょう。

大概のインド人はすんなりあきらめます。


「ちょっと言ってみた。てへ。」
みたいな顔しよる。

日本人は押し切ればなんとかなると思われているようなのではっきり言いましょう。

みんなで日本人のイメージを変えよう!
みんなでNOと言おう!

英語がわからないときもわからんと言おう!
なんとなくイエスはだめ!ぜったい!!


わからない英語を話す方がわるい。



インドのお金トラブルまとめ

FullSizeRender
インドにいてるとこんなトラブルは日常茶飯です。腹立つこともあります。

でもみんながみんなトラブルを持ち込んでくる人ではないです。

地図をみていると

「どうしたの?どこへ行きたいの?」

と声をかけてくれるインド人もいます。

気さくに話しかけてくれるインド人もいます。

交渉しなくても適正価格を最初から提示するインド人もいます。

日本人は好きだよと言ってくれるインド人もいます。

良い人もいれば悪い人もいるというのはどこの国でも同じです。
旅をしていて思うのは自分の意思表示をしっかりすることが大事だと感じます。

そうしてインド人とも付き合えば、交渉も楽しくなったりします。
楽にいきましょう。

と言いながら、ぼくはきっと明日も何かに腹立てていると思います。

以上。お金にまつわるインドでのトラブルでした。